この骨董がすごい!!!!

kabuto
katana

骨董品とはどのようなものをさすのか

現代の日本が最新技術によってどんどん洗練される中、時代の流れに逆行してアンティークの商品を好む人も増えています。アンティークは「骨董品」とも呼ばれるもので、昔の時代の美術品や価値がある古道具などを言います。アメリカの法律では、「製造されたときから100年以上経った美術品や工芸品」という定義がありますが、お店ではそれ以外の商品を売っていることも多いです。 ただ、骨董品の価値や値段というのは、法律にあまり関係ありません。価値を決める基準は、歴史や美術的なものと、希少性によって決められることがほとんどです。同じような陶器があっても、どんな時代に作られたか、また、どれぐらいの数作られたかによって全然価値が変わってきます。 価値を見極めるのはとても難しく、だからこそ、骨董品の品定めをする目利きという職業があるほどです。しかし、最近は非常に精巧な贋作も出回っており、高価な骨董品を購入する際は、目利きに依頼することも大切です。